モジ美人に憧れて

〜 カリグラファー(西洋書家) yayo の プラスアルファな日々 〜

カリグラフィー(西洋書道)、イルミネーション(写本装飾)、紋章デザインなど
ヨーロッパの伝統文字芸術に触れる喜びをお届けする
yayoこと西村弥生のブログです

キレイな文字はステキ女子のたしなみですわよ!


http://yayo.ciao.jp

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
チェルシーエリアをてくてく 23:01

【NY:その10】
旅行記、もうちょっと続きます☆

チェルシー歴史地区


ベーグルを食べて満腹になった ところで、
一旦ホテルに戻ってちょっぴり休憩。
この後は、
マンハッタンの西側を歩きまわってみようと思います。

めざすはココ!
・チェルシー歴史保存地区
・ハイライン
・チェルシーマーケット
・ミートパッキング・ディストリクト

まずは、チェルシー歴史保存地区。
小さな前庭に玄関までの階段のあるレンガの建物が、
街路樹を挟んで並んでいます。

へー♪
しずかな街並み。

チェルシー歴史地区


ここでも道路は車でいっぱいです。
でも、こういう静かな街並みをテクテク歩くのは、
とっても気持ちが良いです♪

チェルシーエリアには、
たくさんのギャラリーもあるそうですよ。

総合神学校の横を通り抜けて・・・

チェルシー歴史地区


新しい名所、「ハイライン」に行ってみます。
こんな小さな入り口です。

ハイライン


あやうく見落とすところだったわ。

ハイライン


わー、気持ちいい!
廃線となっていた高架鉄道跡を利用して作られた遊歩道で、
古い線路がノスタルジックで人気があるそうですよ。

アチコチに、ちょっとした仕掛けがあって、
20st.あたりから、ミートパッキングDあたりまでを
車を気にせず悠々とあるけます♪

ハイライン


冬は枯れ草ですが、
あたたかくなると緑が茂って、もっと気持ちいいんでしょうね!
とは言え、
あの寒ーい日ですら木製のベンチは満席でした☆
さむくないのかな???

ハイライン


ハドソン川が見えます。
水辺が見えるだけで、ものすごくスーッとした気分になりますネ。

ハイライン


さて。
降りよう。

チェルシーマーケットに行くのです。(これは ↓ 裏手。)

チェルシーマーケット


と、思ったら、
「プライベートイベントで16時まで」と言われて締め出されてしまいました。

こんなところでプライベートイベント!?
ざんねんー。
ファットウィッチのブラウニー食べさせろー。
↑ たいした物欲のないyayoは、
結局ここでも「買いたい物」=「食べたい物」だったのでした。

仕方がないので
今NYで最もヒップでファッショナブルという
ミートパッキング・ディストリクトを少々散策して、
今日のブラブラ街歩きは終了。

続きはまた今度。
ではではー(^−^)**


yayo by "BOTTEGA YAYO"  カリグラファーyayoのプロフィール ◆   



***** yayo news *****

◆ 5・6月の「ストラディヴァリウス・サミット・コンサート」のいくつかの会場にて、
  yayoの個展 『 第3回 文字の歴史展 』 を開催します!
  本公演ではタイトルロゴとプログラム内の文字のデザインを担当します。






|   旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
エッサ・ベーグル ( Ess-a Bagel ) 23:00

【NY:その9】

エッサ・ベーグル Essa bagel


ニューヨーク行ったらコレ食べるぞぉ!
って言ったら何だろう。

どうやらハンバーガーベーグルらしいです。

よし、行って来ます!

・・・・・・・

午前中いっぱいは展示会場 (ご報告コチラ) にいて、
午後ノロノロと街歩きを開始。

MOMAストアで思いのほか興奮しながらアレコレ買い込み、
大荷物でテクテク。

コレが五番街ね(基本的に物欲ナシ)・・・スルリと通過。

まだテクテク。
どこに行こうかなー・・・お腹すいたなー。

そこで、
地図に載ってるココ ↓ に行ってみることに。
【 エッサ・ベーグル Ess-a Bagel 】

エッサ・ベーグル Essa bagel


中にはエライ行列ができてました。
折り返して入り口までギュウギュウに並んでます。

エッサ・ベーグル Essa bagel


えー♪
フィリングいっぱい♪
どうしよう!
クリームチーズだけでもあんなにあるし、どれがいいんだろう。

yayoの後ろに日本人家族が入ってきました。
その2組後ろにも日本人組。
あら、本当に「わざわざ来る」所なのね。

その2組が入ってきた瞬間に、
店員さんが「コニチワ!」と言って日本語メニューを渡してました。
yayoにもちょうだいよー。
(もしやここでも韓国人に見えたのかしら。この旅で3度目!?)

エッサ・ベーグル Essa bagel


仕方がないので、
前に並んでいた女性に声をかけてみました。
地元の人にお勧めを聞くのが1番確実ですものネ。

地元の方からしたら、
yayoの英語はおそらく 「ALLひらがな」 に聞こえた事でしょう。
いーのだ。
伝わってたし。
そこら辺の誰かとのおしゃべりは、
待ち時間を楽しく過ごすコツですから♪

yayo 「こんにちは(^−^)** ここ、よくくるんですか?」
女性 「そうね、会社が近くだから時々来るし、でも前ほどじゃなくて、
    でもおいしいからー、そうね、ちょっと待つから時間のある時には来たくなるわね。
    いつもなら・・・(早口。延々続きます)」
yayo 「わたし、はじめてきたんです。どれがおいしいのかおしえてくれますか?」
女性 「そうね、私はいつもナニナニ(忘れた)ってのを頼むけど、
    少しクセがあるし、たぶんあなたには重いわね。かなり量もあるのよ。
    そうね、そうねぇ、アレもいいし、コレもいいわね、そうねー・・・・・・・・・・・・・・・。」

yayo 「いっぱいたべられますよ、わたし☆」
女性 「そう!そうね、じゃ、魚が食べれるなら Lox & Cream cheese が良いわよ。
    オーソドックスだけど一番人気だし、おいしいし(・・・また延々)」

yayo 「おさかなスキです!Loxってどんなさかな?」
女性 「アレよ、サーモンの切り身。クリームチーズも、サーモンの混ぜん込んだのがおいしいわよ。」

なるほど!
確かに間違いなくおいしそう。

で、注文してみました♪

ベーグルはセサミ味にして、
トマトも食べたくなったから Lox & Cream cheese にトマトのスライスを追加。
タマネギは苦手だからナシ。
(どうしてサーモンをLoxって言うんだろうか。)

じゃん!

エッサ・ベーグル Essa bagel


写真でみるより大きくて分厚いです。
大盤振舞しすぎな位の量のフィリングが挟まれていました。
おいしそーーー(^−^)!

席に着こうとすると、
すぐ近くにさっきの女性が。

で、一緒にたのしくランチしました♪

女性 「あら、あなた。私のより大きくなったわね!ははは。」
yayo 「たべきれないかもしれないです☆ でもおいしーー!あはははは。」

Ess-aのベーグルは、全て店内で手作りなのだそうです。
機械化が進んでいるので珍しいんですって。
1日に(2店舗で)1万個以上売れるそうですよ。
大きめでモチモチの焼きたてベーグル、本当においしかったです。

サーモンとクリームチーズ、黄金の組合せですね!
クリームチーズにサーモンの細切れが混ぜ込まれているのも、
とーーってもおいしかったです。
トマト追加も正解でした。
お勧めですよ♪

ちなみに
店名の"Ess-a-Bagel"はドイツ語で、"Eat a Bagel"という意味だそうです。

エッサ・ベーグル Essa bagel


Freia、楽しい時間をありがとう。
またきっと会いましょうね。
次はステキなご家族にもお会いしたいです♪

さて、満腹で一旦ホテルに帰ります。
荷物も多いし。

テクテク中、つい目が行くのは・・・

エッサ・ベーグル Essa bagel



紋章的でかわいいトーマス・ピンクのキツネちゃん。
このデザインはイギリスブランドらしいです。

この後は、
チェルシーエリアに行ってみようと思います。
続きはまた今度。
ではではー(^−^)**


yayo by "BOTTEGA YAYO"  ◆ カリグラファーyayoのプロフィール ◆   



***** yayo news *****
 
◆ 5・6月の「ストラディヴァリウス・サミット・コンサート」のいくつかの会場にて、
  yayoの個展 『 第3回 文字の歴史展 』 を開催します!
  本公演ではタイトルロゴとプログラム内の文字のデザインを担当します。






|   旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
クロイスターズ美術館(メトロポリタン別館) 23:02

【NY:その8】
まだまだ続く旅行記…いつ終わるかしらねー☆
暗くなる前に、ちょっと北まで行って帰ってこようと思います。
 

クロイスターズ美術館


NYに行って、
わざわざヨーロッパのお城を目指す必要があるのか。

そう言われると、少々つらい行き先です。
きっとアメリカ人が「ヨーロッパを感じに」行くところなんだろうなー。
と思いつつ・・・

クロイスターズ美術館

メトロポリタン美術館の別館で、
9世紀〜15世紀の中世ヨーロッパの美術品を展示してあります。
マンハッタン島の北の果てにある小さなお城のような美術館。
5つの中世の回廊と南フランスにあった修道院の遺跡から構成されています。
(同日なら同じチケットで入れます。)

ミッドタウンから北へ北へ・・・。
ハーレムを通り抜けてサウスブロンクスの手前を左手に向かうAラインで
終点から2・3駅手前の 「190st.駅」 で降ります。
住宅街ではなく公園に向えば、後は間違いようがありません。

クロイスターズ美術館


広い公園の中をひたすらテクテク。
わぁハドソン川だ!
ひろびろー♪

ちょっと中心を離れるだけで、こんなに気持ちの良い空気。
この「はずれた」感じ、好きです。

クロイスターズ美術館


見えてきましたよ!

クロイスターズ美術館


公園やガタガタの石畳を通り抜けるので、
ヒール靴はお勧めしません。

到着しました!

クロイスターズ美術館


きゃー、すてきーーー!

クロイスターズ美術館


中庭を囲む回廊。
夏場はガラス窓が取り外され、
お花も咲いて、とても美しいそうです。

クロイスターズ美術館


ヨーロッパ中の修道院などの一部を、
移築や再現してあって、
小さいながら、見所満載です。

クロイスターズ美術館


その中でも「タペストリーの部屋」は見ごたえあります。

クロイスターズ美術館


有名なのがコレ ↓ 。
一角獣の猟のシーンから復活してたたずむシーンまでを
部屋中ぐるりと囲むように展示してあります。

クロイスターズ美術館


どうして一角獣を殺したり、
血まみれで復活させたりしなくちゃなのかしら。
かわいそうじゃない・・・。
キリスト教美術って残酷なシーンも多いしわからないことがいっぱい。
(勉強します。)

一角獣をテーマにしたタペストリーは、
パリのクリュニー美術館にも有名なものがありますね!

クロイスターズ美術館


着膨れ(コートの下に長袖4枚着てます)で息苦しいながらも、
ヒジョーにご満悦のyayoさんです。

クロイスターズ美術館


さらに宝物館には・・・
それはそれは素晴らしい美術品が揃っていました!
はー、ため息です。

クロイスターズ美術館


このあたりで唐突にマイナス思考になり、
「こんなの作れない。yayoがいていい世界じゃない。」と半泣き。

クロイスターズ美術館


シビレますねー。

クロイスターズ美術館


ミュージアムショップでも、またもや大興奮。
本や絵葉書などをズッシリたっぷり買い込んでしまいました☆
入れてもらったビニール袋がちぎれそう。

遠くまで来てよかったです。
冷たい空気と広々した自然の静かな公園も、
とても気持ちが良かったです**

クロイスターズ美術館


ちょっとした遠足のよう。
お勧めです☆

ただし、
セントラルパークより北の地下鉄(A.B.C.D線)は、
特に夜はお勧めしないそうです。

yayo自身は何しろボーッとしている割に運は良いので、
「ボクは英語とスペイン語が話せるんだよ!」 と
自慢しに来た子供(&パパ)とおしゃべりしながら地下鉄も楽しくやり過ごしました。
(何故か「Koreaから来たの?」と。また韓国人にまちがわれた。)

でも、確かに女子1人乗りは確かにお勧めしないかも。
電車内には1人で怒り狂って叫びながら歩きまわる人とかいたし。
いま考えたらキケンだった!?

そんな訳で、暗くなりそうならタクシーを使って下さい
私の知人は行きも帰りもタクシーにしたそうです。


続きはまた今度。
ではではー(^−^)**


yayo by "BOTTEGA YAYO"  ◆ カリグラファーyayoのプロフィール ◆   


***** yayo news *****
 
◆ 5・6月の「ストラディヴァリウス・サミット・コンサート」のいくつかの会場にて、
  yayoの個展 『 第3回 文字の歴史展 』 を開催します!
  本公演ではタイトルロゴとプログラム内の文字のデザインを担当します。






|   旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
セントラルパークを横切って 23:01

【NY:その7】

セントラルパーク


午前中のメトロポリタン美術館はとっても刺激的でした。
でもそれ以上に喉がかわいたよーー!

で、
ベンダー(移動式屋台)でココアを注文したら、
やっぱりBIGサイズ。
お腹たぷたぷになりそう。

午後2時半に人と会う予定があるので、それまで街歩きです。
温かいココアで満たされましたし、
せっかくなのでセントラルパークを歩きで横切ってみようと思います。

みんな好きね。
走るの。

ん?

セントラルパーク


えーーーっ!?

(拡大します。あっという間に通り過ぎたので後ろ姿ですが。)

セントラルパーク


ベビーカーを押しながら疾走するランナーが。
そんなにまでして走りたいですか!

さすがです。
にゅーよーかー。

それにしても良いお天気♪
この旅では、一度も雨に当たりませんでした。
ほとんど快晴。

セントラルパーク


4月OPENを待つ芝生の広場や、何とかっていうお城を横目に、
アッパーウェストサイドエリアへ到着です。

ちょっとステキな家並み。

アッパーウェストサイド


どこに行こうかな。
有名なデリカテッセンがあったはず。
よし、行ってみよう。

【 ZABAR'S (ゼイバーズ) 】
グルメ・デリと呼ばれる高級食材などを扱うマーケット。
とは言っても、とっても入りやすい地元的な雰囲気のお店です。

チーズだけでもこの品揃え!

アッパーウェストサイド


スモークフィッシュが超有名ということでした。
併設のお店でスモークサーモンのベーグルを食べたかったのですが、
どうしてもお腹が空かなくて・・・(ザンネン) 。

で、お土産に、そのスモークサーモンを購入。
ホテルの冷蔵庫の形状を確認せずに外出したので、のちに困惑する事に。
結局、巨大なスモークサーモンは、
戸棚で氷(ワインクーラー使用)と共に保存する事となりました。
あとはクッキーやパンなども買い込みましたヨ。

大荷物を抱えてお店を出ると、
これまた有名なベーグル屋さん「 H&H bagels 」が真横に。
ココも入りたかったのにー!
先述の通り、お腹に入りそうにない上に時間も限られていたので断念。

テクテク・・・

またも通りすがりのマーケットへ。
お店の中で作っていたクッキーをお土産用に購入。
後でレシートを元に調べたら、
Westside Market はHPまである、ちゃんとしたお店のようでした。
あれま、フツーのマーケットと思ってたけど。
HPの雰囲気からは少しイメージできないかも?ですが、
でもhomemadeクッキーはおいしくて、お土産にお勧めです☆

とにかく大荷物になりました。
足も疲れたので散策終了。
一旦荷物を起きにホテルに帰りましょう。
(ナマモノあるし。)

この際バスにチャレンジしてみよう。
バス停で行き先を見てみると、ホテルの近くまで行きそうです。
よし、乗っちゃえ!

アッパーウェストサイド


バスには地下鉄用に買ったメトロカードが使えました。
外の景色が見えて楽しい!
旅先の路線バスは大好きで、旅では1度は乗るようにしています。

この後、
午前中のメトロポリタン美術館のチケットを使って、
別館の「クロイスターズ」に行きますよ。
ハーレムを越えてサウスブロンクスの近くまで GO! GO! です(^−^)

続きはまた今度。
ではではー(^−^)**


yayo by "BOTTEGA YAYO"  ◆ カリグラファーyayoのプロフィール ◆   


***** yayo news *****
 
◆ 5・6月の「ストラディヴァリウス・サミット・コンサート」のいくつかの会場にて、
  yayoの個展 『 第3回 文字の歴史展 』 を開催します!
  本公演ではタイトルロゴとプログラム内の文字のデザインを担当します。






|   旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
メトロポリタン美術館 23:00

【NY:その6】

アート三昧の日。
今日(3/26)は美術館に2つ行こうと思います。

まずはメトロポリタン美術館!

4・5・6号線で「86st.駅」から
ブランド通りのマディソン街を横目で見ながら
セントラルパークまで。

メトロポリタン美術館


おー。

メトロポリタン美術館


入館料は$20。
同日入館の場合の、別館「クロイスターズ」の入館料を含みます。
このバッチみたいなの ↓ がチケット。

メトロポリタン美術館


入って目の前に大きな階段。

メトロポリタン美術館


でも2階はあとで。
1階の「エジプトエリア」を見に行こうっと。

広くて自分がどこにいるのかわりません。

気付くと「中世ヨーロッパエリア」にいました。
中世の生活に関わるものや美しい絵画、
武具や甲冑なども展示されています。

あ。
写本もあるのか。

メトロポリタン美術館


このまま「ヨーロッパ彫刻エリア」に入ると
エジプトに戻れなくなります。
一旦戻って「エジプトエリア」へ☆

再現されたデンドゥール宮殿は
自然光の中で楽しめます。

メトロポリタン美術館


改めて「ヨーロッパ美術エリア」へ。
フェルメール、エル・グレコなど素晴らしい絵画も
コレだけ多いとありがたみが・・・いや。

いやいや、やっぱり素晴らしい。

メトロポリタン美術館


おお・・・。

メトロポリタン美術館


子供と先生が地べたに座り込んでます。
この子達、1時間ほど前に通りすがった時にもここにいたなー。
小さなうちから美に触れてシアワセね☆

メトロポリタン美術館


柱がどーん!
の、先に「ヨーロッパ彫刻エリア」。
 

メトロポリタン美術館


脱水に耐えて、そのまま2階へ上がると、
まだまだ続く「ヨーロッパ絵画」と「ヨーロッパ彫刻」とアレとソレとドレ。

この頃には喉がカラカラです。
良いタイミングでペトリコート・カフェが彫刻エリアの横に。
セントラルパークを眺めながらのお茶・・・いーなー・・・入ろうかなー・・・。
でも今日はのんびりしている時間がなくって断念。

何だろ、コレ。
お面?
現代美術はyayoには理解が難しいのでした。

メトロポリタン美術館


本当に洪水のような美術品です。
おなかいっぱい。
ルーブル美術館や大英博物館でも感じましたが、
「すごすぎてグッタリ」が正直な感想でした・・・。

とにかく喉かわいたよー。

ゆっくりと、
途中で休憩を入れながらの鑑賞をお勧めします。
でないと後半、何も目に入らなくなりますよ。
「休憩したい」と思ったタイミングでカフェ(1階)とバー(2階)が現れますから☆
夏場は屋上にガーデンカフェができるそうですよ!

続きはまた今度。
ではではー(^−^)**


yayo by "BOTTEGA YAYO"  ( カリグラファーyayoのプロフィール )   


***** yayo news *****
 
◆ 5・6月の「ストラディヴァリウス・サミット・コンサート」のいくつかの会場にて、
  yayoの個展 『 第3回 文字の歴史展 』 を開催します!
  本公演ではタイトルロゴとプログラム内の文字のデザインを担当します。






|   旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
<< | 2/8 | >>