モジ美人に憧れて

〜 カリグラファー(西洋書家) yayo の プラスアルファな日々 〜

カリグラフィー(西洋書道)、イルミネーション(写本装飾)、紋章デザインなど
ヨーロッパの伝統文字芸術に触れる喜びをお届けする
yayoこと西村弥生のブログです

キレイな文字はステキ女子のたしなみですわよ!


http://yayo.ciao.jp

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
マニア万歳! (充実の文字分析作業) 23:00

いま取組んでいる仕事の関係で、
ギリシャ語の古語を、ギリシャ文字で書く事になりました。

ギリシャ語でスペルアウトされたものを、
カリグラファーとしての知識を元に書くだけなら、
すでにある程度は勉強済みで、問題ないのですが・・・。

単語のみとは言え、翻訳もyayoが? (通常はお引き受けしません。)
しかも古語? (ムリ。日本語の古語でもご勘弁なのに!)
文字の分析も完全でない10世紀の小文字時代のギリシャ語で・・・書くの?
これから写本(指定)の分析しなくちゃなのー!?

にょー!たすけてー!
どうしよう!

と言うわけで、
今日は知人のつてを頼ってギリシャ政府観光局を訪ね、
ギリシャ古語への翻訳と同時に、
とある貴重な写本の文字の分析も手伝っていただきました。

ギリシャ文字


本当に有意義な時間。

たくさん勉強になりましたし、
それよりなにより、本当に楽しい時間でした。

ギリシャ語に不自由のない方々が二人掛り。
時にギリシャ人のスタッフの方にも聞いてくださりながらの作業です。

キリスト教学(という学問名だったかな?)ご専門の方を含むお二人+yayo。
マニアなグループですにゃ☆

マニアがお互いの知識を出し合って、
読み解けなかった10世紀の文字を分析していくのは、
「興奮」と言う言葉がぴったりの経験でした。

文字だけの知識では行き詰まり、
ギリシャ語だけの知識でもどうしようもないものが、
一緒に取組むと解決するってステキ。

リガチャも何もない「ただ書くだけ」ならね。
それならする事は書体の特徴を分析する作業だけ。
マニアが鼻つき合わせてウンウンうなる必要はないのです。

でも、そうもいかないじゃない?
ねぇ。
(同業者ならわかってくださるわよね?ねぇ?)

せっかく書くなら、
リガチャなどのテクニックも分析して、
当時の雰囲気を出して書きたいです。
それが、
yayoがyayoのお客様に求められているものだと感じています。

慣れないギリシャ文字の分析だけでも目が廻りそうなのに、
このプライドと意地と好奇心が首を絞めるのね。
でも、
グェーッて苦しんでも、
ギリシャ語とギリシャ文字の新しい世界を知る事ができました。

新しいことを知る。
こんな楽しい事ってないです。

今回は取り急ぎ必要な文字の分析を優先しましたが、
いつかゆっくり1つの写本に取組みたいと心から思いました。
ギリシャ文字の分析は、
今まで経験したローマ字のアルファベットの分析とは
少し勝手の違いを感じて、緊張と新しい喜びがありました。

何時間ギリシャ政府観光局に居座ったのかは不明(苦笑)
長い時間、親身になって助けてくださり、
本当にありがとうございました。

感謝で感激ってこういうことか・・・。
充実の1日でした♪

p.s.
昨日の傷は驚異的な快復傾向を見せています。

yayo by "BOTTEGA YAYO"

|   カリグラフィー作品いろいろ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>