モジ美人に憧れて

〜 カリグラファー(西洋書家) yayo の プラスアルファな日々 〜

カリグラフィー(西洋書道)、イルミネーション(写本装飾)、紋章デザインなど
ヨーロッパの伝統文字芸術に触れる喜びをお届けする
yayoこと西村弥生のブログです

キレイな文字はステキ女子のたしなみですわよ!


http://yayo.ciao.jp

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
作品「 BORDEAUX 」:工程ぁ.據璽験笋魴茲瓩襦淵瀬漾璽屮奪を作る) 23:00
★ご報告★
 進捗を書く前に1つご報告を・・・。
 この作品は、この段階で一旦ストップします。
 長い作品なので、腰を据えてできるタイミングを探します。

**********

今回、私が作る作品はブックレット作品なので、
紙の両面に書き入れることになります。

しかも当然ですが、
綴じる前の1枚の状態では左右の文章がつながらない形に!

書くときには、
「1ページ目に書く。・・・書き終えた。」
「2ページ目はどの紙に書くんだ?これか。左側に・・・書いた。」
「3ページ目はこの紙の・・・ん?こっち側に書く。・・・書いた。」
「次はどの紙だ??」
といった状態で進めます。

ああ、まよいそう!

「間違っちゃった!」では取り返しがつきません。
本当は、綴じた状態で書き進めば間違いはないのですが、
書きなれていないので不安です。
それに、書き進めてページをめくったら、乾いてなかった!なんてこともあるかも。

やはりここは、ちゃんとダミーブックを作って、
羊皮紙にページをメモして、
万全の準備をしてからスタートしなくちゃですね。


***********************

実寸より小さくても、ザツでもかまいません。
同じ枚数の紙を折ってみる。

1束では・・・ちょっと分厚い。
今回は紙より硬い羊皮紙ですので、
2束に分けて書きます。

中央に来るページを見極めて、ひとまずページを書き入れてみる。
両面。
バラバラにすれば、1枚の紙のどこに何ページ目が入るかがわかります。
羊皮紙にも、メモをします。
 

ぺらぺーら


で、書く。
「次は・・・この紙の・・・右側に・・・」

最近文字の練習がちょっとおろそか。
ユマニスティック体に入ってから、あまりクラスでもペンを持ちません。
自分でしないと。
そろそろ、文字の練習も本格的にはじめます。

というわけで、次は文字ですよ!

yayo by "BOTTEGA YAYO"


【ここまでの経過】
工程 テキストを読む
工程◆情報収集
工程 レイアウトを考える・その1
工程ぁページ割を決める

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

|   ボルドーワイン | comments(0) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://diary.yayo.ciao.jp/trackback/920489
<< NEW | TOP | OLD>>