モジ美人に憧れて

〜 カリグラファー(西洋書家) yayo の プラスアルファな日々 〜

カリグラフィー(西洋書道)、イルミネーション(写本装飾)、紋章デザインなど
ヨーロッパの伝統文字芸術に触れる喜びをお届けする
yayoこと西村弥生のブログです

キレイな文字はステキ女子のたしなみですわよ!


http://yayo.ciao.jp

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
作品「アララト山: 工程 .謄ストを読む・文字の練習 23:00
作品の製作に入っています。
少々事情があり、トルコに関する作品をいくつか作ることになりそう。
ちょうど今年は両親がトルコを旅行したので、参考にできる資料がいっぱいです♪
( 関連:2009.04.24Diary 「トルコ人の来訪」

作品を作る時、最初にするのは 「レイアウトを考える」 です。
が、
その前にもっと大事な事。

「テキストを読む」 と 「文字の練習をする」です。
なーんだ、そんなこと。
ではありません、とても大切な事です。
ここで手を抜くとヒドイ目に合うと何度も実感しています…。

作成中の作品は以下の2つ
***********************

1. 「アララト山」
  トルコ語では Agri Dagi で、gの上に発音記号がついています。
  前の母音が少し伸ばされ、gの濁音が弱くなる発音記号。
  “アゥル・ダゥ”や“アール・ダー”に近い音になるそうです。
  ノアの箱舟が漂着したと言われる山で、トルコの東部にある大きな山です。
  宗教的な意味合いの強いものは好みませんが、
  どうやら単なる山の説明としてノアが出てきているだけみたい。

2. 「トルコに関するABC」
  これは渡されたテキストにはありません。
  でも作ってみたいなって思っています。
  ガイドブックと語学の本とを、交互ににらめっこしながら、トルコをよくあらわす単語をピックアップ。
  どうやらQとXとXはオリジナルのトルコ語では無いようです。
  外来語ならあるようですが…でも、今回は使わないことにします。
  本番に入る前に、トルコ人を捕まえて、間違っていないか念のため確認してもらわないと。

***********************

とにかく今は、ひたすら文字を書いて練習。
練習しながら意味を考えて、考えながら資料を集めて、集めた資料をにらみながらイメージを…イメージを…
でもアララト山のイメージなんてただの山だよぅ(涙)
こんな山だそうです。 ↓

こんな山らしい・・・
大アララト山(中央)で小アララト山(左)。
…そろそろレイアウトを考えないと。


【 これからすべき事 】
・レイアウトを考える
・資料集め
・“マーブリング” を考える
・“ペンで描く挿絵” を考える
・全体のレイアウトの調整、決定
・文字の本番
・装飾の本番
・額装


yayo
|   アララト山 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://diary.yayo.ciao.jp/trackback/868362
<< NEW | TOP | OLD>>