モジ美人に憧れて

〜 カリグラファー(西洋書家) yayo の プラスアルファな日々 〜

カリグラフィー(西洋書道)、イルミネーション(写本装飾)、紋章デザインなど
ヨーロッパの伝統文字芸術に触れる喜びをお届けする
yayoこと西村弥生のブログです

キレイな文字はステキ女子のたしなみですわよ!


http://yayo.ciao.jp

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
土曜日は作業の日 23:21
この週末は大忙しで、会社の友人に頼まれたフォトフレーム用の台紙(?)やら、テスト提出用のmenuの直し、menuに合わせたネームプレートなどをこまごまと作っています。
そして、まさにいま取り組み始めたのが「本のしおり」。
「本のしおり」の定義もわからないままに作っていますが、要は本に挟めて紐がついていればいいのでしょ?だめ?
ああ、・・・なんだかちょっと心配です。
7/5までに仕上げなければいけませんが、「まだ続きがあるよ♪」バージョンと、念のため名前バージョンを。
もぅ、いっそ片方はシンプルでもいいかなぁなんて思っています。
さて今週、とうとう今学期の最終課題も出てしまいました。
今学期は最初からずーっと飾り文字ばかりで、ペン好きで飾り文字大っキライのyayoとしてはストレスがたまる一方。
授業中も、思わずボーゼンと周りを眺めてしまう時間がしばしば。
「もーぅ飾り文字やだ!文字が書きたいよー!」と叫びだしそうなさなかに、さらに叫びだしそうな課題が・・・。

飾り文字ばかりの作品です。
題材は大好きなたくさんのお花たちなのに、すっかり気持ちは落ち込みまくり。
本当はね、文字と違って、ものすごい時間がかかって作業が細かくて肩が凝っても、やっぱり飾り文字は気楽なもの。
でもたとえ神経をすり減らしても、文字が書きたい・・・。
目を奪われ、ほぅっとため息が出るほどの美しい文字が書けるようになりたい。
私にとって飾り文字は、その文字の雰囲気や内容を強めるアクセントとしてあれば充分なんです。
飾り文字は仕上がると美しいし褒めてもらえるけれど、神経質で諦めの悪い私には必要以上に時間がかかりすぎます。
そしてそれだけペンを持てる時間が減ってしまう。
気持ちも体も脳みそも疲れ果ててしまって、ペンを持てなくなってしまう。
さ、この最終課題、仕上がりはいつになるかな。

気の遠くなるような課題を目の前にして、最近ちょっとお疲れて気味のyayoのグチでした。
| カリグラフィーつれづれ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>