モジ美人に憧れて

〜 カリグラファー(西洋書家) yayo の プラスアルファな日々 〜

カリグラフィー(西洋書道)、イルミネーション(写本装飾)、紋章デザインなど
ヨーロッパの伝統文字芸術に触れる喜びをお届けする
yayoこと西村弥生のブログです

キレイな文字はステキ女子のたしなみですわよ!


http://yayo.ciao.jp

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ルイ子、外イヌになる (12/2午前) 11:30
昨日で、ルイ子が天国に行ってから1ヶ月が経ちました。 (11/1の日記「愛犬の死」)
早いものです。

明るい時間に家族のそろえる日が、
ある意味 “そろってしまった日” が、
ひと月も経った今日になってやっときました。

私と妹の休日が重なって、家族が揃う日。
その日に、
ルイの骨を裏庭に埋めようと決めていたのです。

前のイヌのお墓の隣に、静かに埋めて、
「今日から外イヌになるんだねー。」なんて。
大好きなゆで卵とチーズ、ミルクティーを入れてあげました。

もぅ、
ひと月前のように泣く事は減ったけれど・・・
寂しい気持ちにも慣れたけれど・・・


この一ヶ月間、
母は一度も泣きませんでした。
ルイが旅立った日も、手配やら何やらと忙しく動き回って、
涙を見せませんでした。

家族全員が、
順々に熱を出したりヘルペスを起こしたりと具合が悪くなる中で、
ひとり気丈にしていました。

一番ルイを可愛がって、
一番長くルイのそばにいたのに。

今朝、
リビングでお茶を飲んでいる時に、
妹がこんな事を。

妹 「それにしても、この一ヶ月のママのヤセガマンはすごかったよね。」

その時、
母は初めて顔をくちゃくちゃにして泣きました。

泣き虫で、泣き虫で、
テレビを見てもすぐ目を真っ赤にして泣く母が、
ずーっとガマンしてきた 涙。
つらかったね。
泣く事もできなかったね。

母の涙に、全員でもらい泣きをしながら、
ただただ天国にいるおじいちゃんと、前のイヌのリキちゃんに
「仲良くしてあげてね」とお願いしました。
 


yayo by "BOTTEGA YAYO"  ◇yayoプロフィール◇

|   愛犬ルイ(バセットハウンド) | comments(2) | - | posted by カリグラファー yayo -
Comment








 yayoさんこんばんは。

 我が家では今までに雑種とシベリアンハスキーを飼ってきましたが、わたし自身は「愛犬」と呼べるほどに愛着があって世話をする、ということはありませんでした。
 今飼っているかんなは、わたしにとって間違いなく愛犬であり、少なくとも今は「もう今後新たな犬を飼うことは(かんなに比べれば見劣りしてしまうだろうから)できない」と思っているほど。

 yayoさんが以前おっしゃっていたように、別れが来ることは「飼う前からわかりきっている事」ですよね。
 だから、わたしもいつまで実家で一緒にいられるかは分からないけれど、yayoさん(家のみなさん)のように、悔いのないよう、どんなに悲しくてもでも楽しい思い出が勝るよう、大切にしたいです。

 「ルイ子、外イヌになる」を拝見し、改めてそう思いました。

 P.S. でももしまた寂しくなられることがあったら、かんな(のおマヌケな写真)でほんの少しでも紛らわしてくださいね。
posted by ゆうじ | 2007/12/04 11:44 PM |
ゆうじさん、こんばんは。

そう、そうですね。
いっぱい幸せだったら、その分失ったときつらいですが、それでもあたたかい思い出が残ります。
以前にゆうじさんがおっしゃっていたように、かんなちゃんは少しルイと似ているところがあるなぁと思っています。
だからと言うわけではありませんが、いつもいつも楽しみにしているんですよ!
私にとっても、かんなちゃんは特別な子になっちゃいました**

そういえば小学生のころ、「カンナ」というネコを飼っていたことがあるんです。
偶然ですけど、不思議でステキ♪

ゆうじさん、心に沁みちゃう言葉をありがとうございました。
posted by yayo | 2007/12/05 1:14 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>