モジ美人に憧れて

〜 カリグラファー(西洋書家) yayo の プラスアルファな日々 〜

カリグラフィー(西洋書道)、イルミネーション(写本装飾)、紋章デザインなど
ヨーロッパの伝統文字芸術に触れる喜びをお届けする
yayoこと西村弥生のブログです

キレイな文字はステキ女子のたしなみですわよ!


http://yayo.ciao.jp

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
作品「イースター」: 工程´↓ レイアウト 20:01
フィリグリークラスの課題として選んだテキストは「イースター」です。
今日で学期末でしたが、この2週間、こんな↓状態で停滞していました・・・情けない限りです。
だらだらと書いただけ 
作品を作るには、たくさんの工程を経ます(特にyayoは。)
少しずつご紹介しますね! まずは・・・
工程 .謄ストを理解する
タイプでパチパチと打たれたテキストを読み、内容を把握し、なんとなーく「こーんなかんじにしようかな」「こーんな色合いにしようかな」「今回のテーマは・・・」などとイメージを膨らませながら、読み解いていく。

工程◆,泙困禄颪い討澆
そのまんまです、ただただテキストの通りに書いてみる。(つまり、画像上↑状態。)
文章の文字量を確認し、内容を理解しながら、一応全体のレイアウトをイメージしつつ・・・、飾り文字の入れられそうな場所や量を模索しつつ・・・ですが、実際作業はほとんど伴いません。
yayoの場合、この段階では、文字の分量を見るレベルです(画像下↓クリックで拡大できます)。
こんなメモやミスもあったりします**
今回はフィリグリーの作品なので、書体は自由です。
ただしゴシック系で。
今までに良い作品の無かったロトゥンダを選びましたが、実は苦手で久しぶりな書体です(涙)
でも、苦手なものほど、チャレンジ!ですよね**
作品を縦長に&文字の印象をシャープにしたい事から、少し細めに凝縮させたロトゥンダに挑戦しようと思います。

工程 レイアウトの1次案を作る
,ら少しバランスを調整しつつ、飾り文字を含めてレイアウトのイメージを固めていきます。
イントロダクションに大きな飾り文字を入れ、文章は勇気を出して、もっと大文字だけに変更していこうかと・・・。
前回の書き連ねでは、大文字のバランスが良くなかったので、位置を調整。
少し形が見えてきました・・・ 
ちょっと良くなってきました。
この段階では、まだ方眼紙のほうが使いやすいです。
右項目の最初の大文字“機匹琉銘屬魃Δ里泙泙乏猟蠅靴燭い里如右の多すぎる飾り大文字を、いくつか行内に組み込んで文章を短縮する事にします。
左側も、少し伸ばして、左右のバランスを直さなくちゃ。
また作業して、後日UPしますね!
|   イースター | comments(2) | - | posted by カリグラファー yayo -
Comment








こんばんは(*^▽^*)ノ 東京ではお世話になりました。yayoさんの「だけ」見られず帰ってしまわねばならなかったのはものすごーい心残りでしたllllll(-_-;)llllll。が、その分完成を楽しみにしていますね。
kikiさんのところにも書きましたが、本当にとってもいい刺激になりました。もっともっと頑張る、その先が何かあるような気がして少し目が覚めた感じです。東京の方の情熱に感謝です!
また是非お会いしましょうね。その時もよろしくお願いします♪
posted by akko | 2007/12/03 11:49 PM |
akkoさん!
バタバタした中で、私もかなり舞い上がっていましたので、実は「akkoさんなの?そうなの?違うの?」って思っていました。
ちゃんとご挨拶できずにごめんなさい!
今回はakkoさんはじめ、京都の方々にお会いできたのは、本当にうれしいことでした。
また近々おあいしましょうね。

私の最大の欠点は、作品の進みが遅い事です。
日記も飛び飛びになると思いますが、気長に待ってくださいねー。
posted by yayo | 2007/12/04 1:11 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>