モジ美人に憧れて

〜 カリグラファー(西洋書家) yayo の プラスアルファな日々 〜

カリグラフィー(西洋書道)、イルミネーション(写本装飾)、紋章デザインなど
ヨーロッパの伝統文字芸術に触れる喜びをお届けする
yayoこと西村弥生のブログです

キレイな文字はステキ女子のたしなみですわよ!


http://yayo.ciao.jp

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
愛犬の死 23:44

うーん、美形!我が家のボンボン


今朝、
yayo家の愛犬ルイが天国のおじいちゃんの所に行ってしまいました。
バセットハウンドのルイ。
もうすぐ9歳のお誕生日だったのに。

飼う前からわかりきっている事。
ルイがyayo家にやって来たその日から、
ずっとずっと、イヤダイヤダと思い続けてきた日。

でもこの日は必ずやってくるのですね。


肺の具合がよくなくて、息が苦しかったのです。
最後の2・3日は必要以上に誰かのそばにピッタリくっついて、
指示もしていないのに何度もお手をしていました。
苦しい中で、何が言いたかったの?

「どうしたの?苦しいね。早く元気になろうね。」
そう言って抱きしめて。
それでも、よくならない事はわかっていました。

これでよかったのです。
今はもぅ、息も苦しくないし、
天国でおじいちゃんと楽しくお散歩しているはず。


最期はとっても穏やかにいきました。
ほんのちょっとでもお散歩に行ってお外の空気も吸いました。
ママになでなでしてもらいながら、
家族全員が家にいる時に、大好きなリビングで。

たくさんの幸せをくれた上にあんな幸せな死に方するなんて。
最期の最期まで飼い主孝行な子。
本当に、本当にかわいい子でした。

悲しいけれど、幸せな子でしたから。
めいっぱい可愛がって甘やかして、
幸せな子だったのです。

私達も。

今は、あの子のいた幸せを噛みしめています。
悲しい悲しい、さみしいさみしいという思いよりも、
「ああ、幸せだったなぁ」って。

毎日がふわふわとあたたかくて、大騒動だった日々。
幸せでした。
 

ルイちゃんサンタ♪


きっとこの先、おじいちゃんみたいに
「ああ、今いるかなぁ」と身近に感じる事もあるでしょう。

でも今は、
あのやわらかくあたたかい体が、
この世に、目の前に無いのが信じられないの。

“出かける気か!?行くなー!”や“帰ってきたか?遅いぞー!”の
「ウォォォーーン!」を楽しみにチラ見する事も、
インド料理のナンみたいに長い耳をピラピラさせて遊ぶ事も、
ツヤツヤに輝く滑らかな毛を頭のてっぺんからお尻まで一気になでる事も、
抱きしめ甲斐のある太い胴に抱きつき、すごい寝息に堪えて一緒に眠る事も、
短すぎる可愛い足でする不恰好なお手に大喜びする事も、
おねだりに負けて おやつをあげてしまうことも、
よだれで汚されたスカートや抜け毛がまとわりついたニットに悩む事も、

もぅ ないなんて。

今にも
カチャッカチャッと爪をならして歩いてきそうなのに。
コリッコリッとドアをかいて「ドア開けてアピール」をしそうなのに。

前の犬を失った時も二度と犬は飼わないって言っていたけれど、
結局ルイが来ました。
でも、
今度こそきっとyayo家では最後の犬でしょう。

失うと本当につらいです。
息が苦しくて胸が痛くて眩暈がするの。
あの子に会いたい。
なんで?
なんで?
昨日はこっち見たじゃない。
そこにいたじゃない。
あったかくて・・・やわらかくて・・・。

この気持ちをどう整理つけて良いのかわかりません。

本当に苦しい。

本当に。

でも

いつか、
私がこの家を出る事があったら、

また犬を飼いたいです。

このつらさを乗越えられる程の、
たくさんたくさんの幸せをくれるから。
目いっぱい可愛がって甘やかして幸せにしてあげるの。

まだ今は
「あれ?ルイ子どこ?あっち(和室)かな?」
という感じ。
でも、乗り越えなくちゃ。


かわいいルイちゃん。
この指に残るやわらかさとあたたかさが 私の宝物よ。
うちに来てくれてありがとう。
幸せだった8年半を忘れません。
 

見返り美人ならぬ、見返り美犬


calligrapher yayo

|   愛犬ルイ(バセットハウンド) | comments(9) | - | posted by カリグラファー yayo -
Comment








読みながら涙がポタポタあふれてきました。
2日、yayoさん何だか元気がないなぁと気になっていたのですが
こんな悲しいことがあったなんて。
でもyayoさんの家族みんなに愛されて、ルイちゃんは
幸せな生涯を全うできたはず。
幸せなまま送り出せたことが何よりです。
ルイちゃんとの思い出はずっと宝物になるでしょうね。
今は辛いと思いますが、お気を落とさずにいて下さいね。
posted by まい | 2007/11/04 9:47 PM |
まいさん、書き込みありがとうございます!
バレバレでしたね・・・。
何とか踏ん張っていましたが、どうやら分かり易かったみたい(困)。
他の方にも「元気無い」って言われちゃいました☆
職場では良くないですねぇ。

本当に家族と同じなので、とても苦しいです。
でも週末はゆっくりしましたし、明日からは大丈夫。
よろしくお願いします!
posted by yayo | 2007/11/04 11:21 PM |
本当に!!私も読みながら泣いてしまいました!!
うちにも3歳になるワンコがいますが
いつか来るであろう、でもずっと来てほしくないその日。
さいきん私の知人でも愛犬をなくしたおうちがあったので
普段はこのことから目をそむけていますが
いつでもこの日は来るかもしれない、と
さいきんは思う存分かわいがって、甘やかしています。

毎日一緒にいた分毎日ルイちゃんが家にいない、と
毎日気づくのはつらいと思います。
あまり気を落とさないようにね
(といってもほんとに何という言葉をかけたらいいか・・・)
木曜日にはお会いできますように・・・。

posted by kiki | 2007/11/05 1:38 PM |
kikiさん、こんばんは。
お返事が遅くなってしまってごめんなさい!
すっかり病気です(困) 
明日は学校に行きますが、唇が変な色で不細工でも笑わないでっっ。

kikiさんのところの、ちいさなワンちゃんもキュートですよね。
白かったかしら。
記憶違いだったらごめんなさい。
いっぱい可愛がって、やさしい思い出をいっぱい作って、ばかばかしいくらいに甘や
かしてあげて下さいね。
posted by yayo | 2007/11/07 11:06 PM |
こんばんは。
「バセットハウンドかんなのブログ」のゆうじです。
ご丁寧にコメントを下さって、ありがとうございました。

新しいバセットちゃんと飼い主さんとお知り合いになれたのに、残念です。
思い出の様々を拝読しました。ルイちゃんがどれほど家族の皆さんに大切にされていたかが、ひしひしと伝わってきます。そしてルイちゃんが間違いなく幸せだったであろうことが、想像されます。
ルイちゃんのご冥福をお祈りします。

かんなを我が子のように思って下さるなら、そしてルイちゃんとの共通点も含めて楽しんでいただけるなら、すごく嬉しいです。

これからもぜひお越し下さいね。
posted by ゆうじ | 2007/11/10 11:49 PM |
ゆうじさん、こんばんは**
こちらにも来てくださったんですね!
ありがとうございます☆

きっと驚かれましたね。
私もお伝えするのを迷いつつご連絡しましたが、ゆうじさんのメッセージとてもうれしかったです。

かんなちゃん、本当にかわいくってかわいくって!
コメントセンスも抜群で、懐かしい思いと一緒に、大笑い&癒されまくっています。
これからもよろしくお願いします(^-^)**
posted by yayo | 2007/11/11 11:40 PM |
★ご報告★
事情により、中盤に載せていました「ルイとyayo2人の写真」は、別の写真と差替えになりました。
可愛い写真がいっぱいで悩んだのですが、季節的にクリスマスかな?って。
かわいいにゃ、ルイたん。
posted by yayo | 2007/11/14 11:29 PM |
yayoさんこんばんは。

サンタ帽のルイちゃん、似合っていますよ。物憂げなバセット的表情もかわいいですね。
かんなは頭のかぶせ物が嫌いなので、私にとってはちょっとうらやましいショットです。

 
posted by ゆうじ | 2007/11/16 11:43 PM |
ゆうじさん、こんばんは。
かわいいかしら、ありがとうございます!

かんなちゃんは、帽子とか苦手なんですねー。
それはそれでイヌらしくてかわいいですね♪
ルイ子は逆に、イヌらしさにかけていて、物を隠したりの手間をかけてくれませんでした。
飼い主としては「もー!」って言いたかったんですけど☆
posted by yayo | 2007/11/18 1:09 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>