モジ美人に憧れて

〜 カリグラファー(西洋書家) yayo の プラスアルファな日々 〜

カリグラフィー(西洋書道)、イルミネーション(写本装飾)、紋章デザインなど
ヨーロッパの伝統文字芸術に触れる喜びをお届けする
yayoこと西村弥生のブログです

キレイな文字はステキ女子のたしなみですわよ!


http://yayo.ciao.jp

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
作品「 BORDEAUX 」:工程ぁ.據璽験笋魴茲瓩襦淵瀬漾璽屮奪を作る) 23:00
★ご報告★
 進捗を書く前に1つご報告を・・・。
 この作品は、この段階で一旦ストップします。
 長い作品なので、腰を据えてできるタイミングを探します。

**********

今回、私が作る作品はブックレット作品なので、
紙の両面に書き入れることになります。

しかも当然ですが、
綴じる前の1枚の状態では左右の文章がつながらない形に!

書くときには、
「1ページ目に書く。・・・書き終えた。」
「2ページ目はどの紙に書くんだ?これか。左側に・・・書いた。」
「3ページ目はこの紙の・・・ん?こっち側に書く。・・・書いた。」
「次はどの紙だ??」
といった状態で進めます。

ああ、まよいそう!

「間違っちゃった!」では取り返しがつきません。
本当は、綴じた状態で書き進めば間違いはないのですが、
書きなれていないので不安です。
それに、書き進めてページをめくったら、乾いてなかった!なんてこともあるかも。

やはりここは、ちゃんとダミーブックを作って、
羊皮紙にページをメモして、
万全の準備をしてからスタートしなくちゃですね。


***********************

実寸より小さくても、ザツでもかまいません。
同じ枚数の紙を折ってみる。

1束では・・・ちょっと分厚い。
今回は紙より硬い羊皮紙ですので、
2束に分けて書きます。

中央に来るページを見極めて、ひとまずページを書き入れてみる。
両面。
バラバラにすれば、1枚の紙のどこに何ページ目が入るかがわかります。
羊皮紙にも、メモをします。
 

ぺらぺーら


で、書く。
「次は・・・この紙の・・・右側に・・・」

最近文字の練習がちょっとおろそか。
ユマニスティック体に入ってから、あまりクラスでもペンを持ちません。
自分でしないと。
そろそろ、文字の練習も本格的にはじめます。

というわけで、次は文字ですよ!

yayo by "BOTTEGA YAYO"


【ここまでの経過】
工程 テキストを読む
工程◆情報収集
工程 レイアウトを考える・その1
工程ぁページ割を決める

JUGEMテーマ:アート・デザイン
続きを読む >>
|   ボルドーワイン | comments(0) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
作品「 BORDEAUX 」:工程 レイアウトを考える・その1 23:00
まずは本の基本体裁にのっとって、
用紙内に「書く部分」を決めます。

こんな ↓ 感じ。
(Xハイトにあたる細い線は間違いがあります。)

書く場所を決めます


面倒なので必要枚数カラーコピー。
家にコピー機があるってステキ♪
文明の利器ですね。

で、
ツラツラーっと書いてみる。
実際にペンで書くと変わりますが、
なんっとなく「ここら辺に装飾をいれたいなー」的な・・・。

なんとなく・・・


本来はこんな風に全部鉛筆で書いたりしません。
直接書いていくもの。
(いつもとはちがう今回の作業工程は、下部にまとめました)

勢いで全文書いてしまいましたが、
こんなに書いても、ぜーったいに変わるのに。
ペンで書いたら、ページ数すら変わるかもしれません。

でも、
雰囲気は掴めてきました。

***********************

今回のレイアウトは、ちょっと今までとは違います。
下書きして、下書きして、修整して、修整して・・・のレイアウトではなく、
「だいたいこんな感じ」で書き始めるプロジェクトです。

昔の写字生達と同じように、
 ・目分量で1行の文字数を予測し、おおよそのページ数を測る
 ・書きながら調整
 ・イルミネーション(装飾)を入れる場所は、「ここら辺」であけておく
 ・あいているスペースにあわせてイルミネーション(装飾)を考える
 ・綴じて製本
といった工程になります。

そんなの初めて。
いやー!
不安よぅ(涙)

前回、「ウィリブロードの生涯」を書いたときは、
あの長文のブックレット作品の各ページを、
ぜーーーんぶ、こまかーくこまかーーくレイアウトして、
完璧に構成を練ってから書き始めたのです。

しかも今回は紙じゃありません。
羊皮紙だけの小さな小さなブックレット。
今の予想では、20ページくらいになりそうです。
気が遠くなりそう。


次はダミーブックを作って、ページの配置を決めますよ!


yayo by "BOTTEGA YAYO"


【ここまでの経過】

【ここまでの経過】
工程 テキストを読む
工程◆情報収集
工程 レイアウトを考える・その1

JUGEMテーマ:アート・デザイン 

続きを読む >>
|   ボルドーワイン | comments(4) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
作品「 BORDEAUX 」:工程◆‐霾鷦集 23:05
これも毎回の工程で、
絵の描けない、イメージ下手なyayoには必須の工程。
「情報収集」 つまり 「関連画像をそろえる」 です。

インターネットや本で関係のある画像をできるだけいっぱい揃えます。
で、データのものならひとつにまとめて印刷。

こんな(↓) 状態で、
すでに2週間ほど持ち歩いています。

いっぱい資料


テキストと画像集、関連の本などを持ち歩く日々。
おもーい!

重いけど・・・
そんな風に、いろいろイメージを膨らませるのは楽しい事です。

そろそろレイアウトを考えますよ(^−^)


yayo by "BOTTEGA YAYO"


【ここまでの経過】
工程 テキストを読む
工程◆情報収集


JUGEMテーマ:アート・デザイン 
 
|   ボルドーワイン | comments(0) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
作品「 BORDEAUX 」:工程 .謄ストを読む 23:05

新しい作品に取り掛かっています。
羊皮紙を使って作るブックレット作品。
ユマニスティック体で書く、フランスのボルドーワインについて書きます。

タイトル: 「 GREAT WINES OF BORDEAUX 」

ワインのぶどう


他に数名で、同じように羊皮紙のブックレットを作っています。
「ワインの楽しみ方」を書く人、
「ブルゴーニュ」を書く人、
「ロワール」を書く人、
「ワインの騎士団」を書く人・・・他にもいろいろ

それぞれが受け持ち、私は「ボルドー」です。

ブックレット用だけあって長文。
すべて書いてレイアウトを決めるのではなく、
本番に書きながらレイアウトを調整していきます。

わからない単語を調べて・・・

よーく読んで・・・

イメージを膨らませて・・・

いろいろ調べているうちに、ワインについて興味が出てきました。
どんな作品にしようかな。
さて、これから本番に入る前にすることは・・・

 1: テキストを読み込む
 2: デザインの情報収集し、スペースを埋める材料を集める 
 3: 文字の練習
 4: なんとなくレイアウト
 5: 用紙(羊皮紙)の準備


って感じ。
でイメージを固め、で自信をつけてスタート!
と、調子よく行けばいいですけどね☆

少しはワインに詳しくなれそうです♪


yayo by "BOTTEGA YAYO"


【ここまでの経過】
工程 .謄ストを読む


JUGEMテーマ:アート・デザイン 

続きを読む >>
|   ボルドーワイン | comments(0) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
| 1/1 |